記事の詳細

3Rを大きなテーマとして掲げる新東京グループ
「地球を守って限りある自然の恵みを未来の子供達を繋げること」は、新東京グループが掲げるテーマ。そのために大事なことは、循環型社会のキーワードになる発生抑制、再利用、再資源化の3Rです。近年、3Rという考え方が普及した大きな要因は地球環境問題が関係しています。地球環境の維持は、個人や法人を問わず、私たち一人ひとりにとって大きな課題であることは間違いありません。

その地球環境維持に向けて努力をしている会社が、吉野勝秀氏が代表を務める新東京グループです。環境保全を意識した廃棄物の収集、運搬、処理の効率化に努めるとともに、環境に関する目的や目標を具体的に設定し、環境保全の推進を図っています。今の時代の問題にしっかり着手しながら事業を行うことで、企業として成長している段階です。そして、代表の吉野勝秀氏のもと、環境方針を含めた環境に関する情報を積極的に社内外に公開しています。

新東京グループは東証にも上場している一大企業
新東京グループは、産業廃棄物の収集、運搬、処理を行う企業です。現在ではグループ会社がメタルマテリアル産業や太陽光発電事業にも取り組んでおり、着実に事業を拡大しています。2012年には東証にも上場し、資金調達が容易になったことで、代表の吉野勝秀氏は海外進出を視野に入れています。柏レイソルのスポンサーを務めたこともあり、地域では知名度が高い企業です。

幅広い事業を行っている中で、新東京グループが大きなテーマとしているのが環境保全です。環境保全を第一とする事業展開は、多くの方から高く評価されています。

誰もが参加できる社会にすべく代表吉野勝秀氏が考えること
吉野勝秀氏が代表を務める新東京グループでは、誰もが参加できる社会を創出することを一つのモットーにしています。例えば、廃棄物処理プラントのエコロジスタでは、高齢者の雇用や障害者児童の職業実習の受け入れを積極的に進めていることが特徴です。軽作業員の半数以上が60歳以上の高齢者となっています。

ダイバーシティマインドを持った採用活動を通じ、今後よりよい社会が形成できると代表の吉野勝秀氏は考えています。単に事業を拡大するだけでなく、循環型社会を目指すことや地域貢献に関しても積極的であるのが新東京グループの大きな特徴です。また、次の世代に自然の恵みを繋げることを理念としており、世間的な評価も高いのだと言えます。

株式会社新東京グループ
http://www.mr-shintokyo.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る